ゲンバを知る先輩達
現場では信頼関係が欠かせない一人の力ではできない奥深い仕事です。
Q1 転職先に当社を選んだ理由を教えてください。

前職は車の営業マン。勤務時間が不規則でした。そこで安定した企業に入り、業務を通して何か手に職をつけたいと考えていました。そのような状況で当社のことを知りました。具体的な業務内容は分かりませんでしたが、コンクリートパイルのメーカーとして業界トップシェアを誇っている点などに魅力を感じました。

Q2 現在の仕事について教えてください。

働く姿 現場監督として、コンクリートパイルの施工に携わっています。業務内容を確認して、コンクリートパイルやセメントなど資材や、それを打つための重機などを手配しています。毎回杭を打つ土地が異なるため、決められた作業をこなすというより、この現場でうまく作業をするためにはどうすればよいかなど、みんなでアイデアを出し合うことが多いです。

Q3 仕事の面白さはどのような時に感じますか?

重機の操作担当など協力業者の皆さんに、仕事を任せっぱなしにしないことですね。現場の状況を把握して、「順調ですか」「ここは早く終えましょう」などと声を掛けています。自ら積極的に動き、信頼関係を築くようにしています。

Q4 仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

施工を終えると、もう杭は見ることはできませんが、建物にとって大事な基礎を担当できたことに毎回やりがいを感じています。この気持ちを分かち合いたくて完成後、家族を誘って自分の携わった建物を訪れることもしばしば。一つ残念なのは「どこを担当したの?」と聞かれた時に、うまく答えられないことですね(笑)。

Q5 仕事を通して成長した点を教えてください。

仕事への責任を意識するようになりました。子どもが生まれたことも関係していると思います。前職はとにかく忙しくて、毎日、時間に追われていた感じがしますが、今はそのようなことはなく、一つの現場にしっかり集中できています。杭を打つこと自体は単純ですが、杭を打つ仕事はとても奥深いです。これからは専門の資格を取得するなど、もっと知識をつけて現場で想定されるさまざまなトラブルに対応できるような人材になりたいです。

Q6 就活中の学生にメッセージをお願いします。

当社はコンクリートパイル業界の最大手です。自分一人の力では決してできない仕事を任され、仲間とともに挑むことができます。現場ではベテランが多く、いろいろと教えていただくなど頼り甲斐があります。ただ、30代のおじさんである私はどこにいっても「最年少」。そろそろ若い力が入ってくることを願っています。

pageTop