ゲンバを知る先輩達
仕事で培った自信と誇りが確かな品質につながっています。
Q1 入社のきっかけを教えてください。

昔から大きなものづくりに興味があり、大学では建築を学びました。就職活動中に当社のことを知り、コンクリートパイルについての知識はありませんでしたが、ものづくりに関連する仕事ということで採用試験を受けることにしました。最初は右も左も分かりませんでしたが、仕事をしながら、知識や技術を習得することができました。

Q2 現在の仕事について教えてください。

働く姿 コンクリートパイルを施工する現場の責任者を務めています。工事が円滑に進むように作業する人や材料、機械の段取りや、スケジュールを組み、進行状況に応じて調整することがメインです。担当エリアは福井県内全域で、いくつもの現場を同時に管理しています。

Q3 仕事の面白さはどのような時に感じますか?

マンションや商業施設などさまざまな建物の安全を支えるために、私たちは仕事をしています。ただ、必要なところに必要な分だけ杭を打てば、それで終わりというわけではありません。当社はもちろん、お客様(元請けとなるゼネコンさん)も独自の安全や品質に関する基準を設けているためです。これらの基準を意識しながら、納期を守り、安全で良い仕事ができた時、そしてお客様から「ありがとう」を言われることにやりがいを感じています。

Q4 仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

私一人でできる仕事ではありません。多くの人たちの協力なくして杭の施工はできません。そこで大事なのは、やはりコミュニケーションをとること。こちらがお願いや指示を出すだけではなく、しっかりと相手の話を聞いて、良い仕事ができる方法をいつも探っています。私より経験豊富な方が多いので、入社以来、助けられることは多いですね。

Q5 仕事を通して成長した点を教えてください。

ちょっとのことではめげないないし、あきらめることが嫌いになりました。新人の頃は「逃げたい」と思っていましたが…(笑)。一つ仕事を終えるごとに、「頑張ったな」と自分で自分をほめて満足しています。この繰り返しの中で、仕事への自信や誇りが培われてきたのでしょう。今は「私がやらないといけない」という意気込みで現場に入っています。

Q6 この仕事に興味がある方へメッセージをお願いします。

コミュニケーション能力の高い方は、この仕事に向いていると思います。「能力」と聞くと、何か特別なことのように思われるかもしれませんが、素直に自分のやりたいことを分かりやすく伝えることをイメージしてもらえれば間違いありません。あと、現場では協力業者さんを引っ張っていく役割もあるので、何かでリーダー的な役割を果たした経験がある方も大歓迎です。

pageTop