三谷セキサンの「歴史」を教えてください。

 三谷セキサンは1956年の設立以来、50年以上にわたり、コンクリート2次製品の供給を通して、社会基盤の整備に貢献してきました。
 現在、主力のパイル事業は1963年に金津工場を設置して生産を開始して以来、買収による工場設立を続け、現在では11工場体制となり、北海道から沖縄まで全国に製品を供給販売できるようになりました。2013年7月には東京証券取引所市場第一部への上場を果たすなど、今後もさらなる飛躍を目指しております。

企業としての「強み」は、どこにありますか?

 当社の強みは、業界トップの技術開発力とコンサルティング営業力です。これらを武器に新商品を創造し、新市場を切り拓いてきました。ニーディング工法やSUPERニーディング工法、HYBRIDニーディング工法など、独自の技術開発によって誕生した商品が当社の販売シェアを全国トップにまで押し上げたのです。
 現在も社是として掲げる「開拓者精神」の言葉通り、現状に甘えず、攻めの姿勢を貫くことで、さらなる技術開発・シェア拡大を進めています。建築基準法が厳しい地震大国・日本で培われた三谷セキサンの技術力は、世界レベルでも最先端であると自負しております。

どのような「人財」を求めていますか?

 私たちが求める「人財」は、チャレンジ精神に富んだ人と、何事も最後まであきらめず粘り強く取り組むことのできる人です。当社は実力主義ですが、一人ひとりが個人プレーに走るようなことは決してありません。日頃からチームワークを何よりも大切にし、そこから生まれる総合力が業界のトップを走る続ける原動力となっています。まずは会社説明会で、人事担当者や先輩社員との会話を通じ当社の仕事内容を知り、社風を感じてください。当社は皆さんの力を存分に発揮できる舞台を用意しています。面接で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。