三谷セキサン株式会社 採用サイト

多田 慎一郎
ある日のスケジュール
9:00 朝礼後、営業先へ出発。
新規物件についての情報を引き出します。
11:00 午前中に2件目を回ることができるように、
アポイントをとるときは気をつけています。
12:00 お昼の定番は好物のうどんです。
セルフ式のチェーン店を選んでいます♪
13:00 着工間近に寄り、現場で打ち合わせをします。
15:00 支店に戻って、午前中にお話をいただいた物件について
打ち合わせをします。
17:00 夕方は翌日以降のアポイントをとるほか、
お客様からのお問い合わせにも対応します。
18:00 本日も効率よく働き退社。
仲のよい同僚とご飯を食べに行くことが多いです。

志望動機を教えてください

研究に明け暮れた大学時代、何かのプロフェッショナルになることを将来の目標としていました。当社は出身大学のOBが多いため、自然と興味関心を持つようになりました。具体的に就職先を検討する中、当社の一員になれば、いつの日か「自分がこれをやった」と自慢できるような仕事を街に残すことができ、キャリアを積めばコンクリートパイルという専門分野を極められるというイメージを描くことができました。もちろん、業界や福井県内で知名度が高く、安定した企業であることも決め手となりました。

営業の仕事について教えてください

お客様であるゼネコン各社に、当社の製品を選んでもらえるよう日々売り込んでいます。お見積金額や最適な施工を検討するために必要な情報を引き出し、それを社内で検討して、提案することが営業活動の基本です。売上を伸ばすためには、お客様と良好な関係を築かなければなりません。例えば、営業先で専門的なアドバイスを求められたり、お見積もりのお問い合わせをいただいたりしたときは、すぐに返答することを大切にしています。「早く対応してくれて、ありがとう」の一言をいただくことに、今はこだわっています。営業マンは会社の顔であることを意識し、お客様との間に信頼の架け橋をかけていきたいです。

印象に残っている仕事について教えてください

かつて担当した現場でトラブルが起き、当初の計画から遅れたことがありました。このような事態が発生したとき、営業マンは窓口役となり、工事部門と連携しなければなりません。解決策を見出すまでの間、その都度のお客様への説明や報告を電話やメールで済ませるのではなく、直接お伺いするようにしました。大変ご迷惑をおかけしましたが、施工完了後に感謝されたことが印象に残っています。良いときも悪いときも常に真摯な対応に努め、信頼関係を大切にしたいと、あらためて意識するようになりました。

三谷セキサンの良さを教えてください

社員の皆さんが優しくアットホームなところですね。温かい雰囲気の中、仕事に打ち込むことができます。企業としては全国に展開し、コンクリートパイル出荷量は10年以上にわたりトップシェアを誇っていますので、大きなプロジェクトに携わることができる点も魅力です。このほか、教育体制がしっかりとしています。私の場合、新人研修で社会人としての心構えを、その後は施工管理や設計などを実地で学び、営業マンに必要な知識とスキルを得ることができました。

今後の目標を教えてください

営業マンとしてはまだまだ駆け出しの身ですが、当社の一員として働くからには、数万トンクラスのコンクリートパイルを取り扱う規模の大きな仕事を掴みたいです。一方で、何かあったときは相談をしたくなるような頼られる人材になりたいとも思っています。恵まれたことに周りはお手本になるような方々ばかりで、仕事もプライベートも本当にお世話になっています。先輩たちに一歩でも近づけるように頑張り、いつかはプロフェッショナルになりたいですね。

就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします

勉強やアルバイト、サークル活動など、学生時代にしかできない経験があるはずです。だから、今やっていることに全力で取り組むことをお勧めしたいです。私も学生時代、研究に打ち込んだことが活きているような気がします。就職活動中も全力で臨めば、きっと面接官の方にも気持ちが伝わると思います。最後に、当社についてアピールをさせていただくと、とにかく会社説明会で担当者の話を聞いてほしいですね。業界内のシェアや代表的な施工実績などを知れば、きっと興味関心を持ってもらえるはずです。