兄父 貴浩
7:30 先輩とともに茨城(または千葉)工場へと
出発(東京支店勤務の日は8:30までに出社)。
社有車の運転手を務める。
9:30 工場に到着。
この日、実施を予定している試験の準備に取りかかる。
12:00 昼休み
13:00 午後いっぱいかけて、コンクリートパイルの各種試験に取り組む。
17:30 試験終了後、工場を後にする。
20:30 帰宅

志望動機を教えてください

学生時代は建設業界を志望していました。就職活動中に名前を知っているという理由だけで、会社説明会に参加。その席で当社が「業界トップの技術力」を有していることを初めて知りました。
日本一の技術力を持つ企業で切磋琢磨すれば、自分を高めることができると当社の採用試験に臨みました。

現在、担当している仕事について教えてください

コンクリートパイルやポールなど主力製品の開発に携わる部署に所属しています。コンクリートの強度試験や杭の性能試験、評定書の作成など、やるべきことは多いです。
まだ入社して間もないため、仕事の内容や流れを就職活動中の学生の皆さんに説明できるほど、理解しているわけではありません。先輩の指示を受けて仕事に勤しんでいます。分からないことがあれば、すぐに聞いて理解を深める毎日です。

どのような時に、仕事の楽しさを感じますか

先輩のアシスタント役を務めながら、業務に関することを一つひとつ覚えている段階のため、まだ自分の力でやりがいや楽しさを感じるまでには至っていません。一日の仕事を振り返り、それが当社や社会にとってどのような役に立っているかは実感しづらいです。
今は1日でも早く、言われる前に行動ができるように少しでも周りの役に立てるように心掛けています。だから、先輩から言われる前に動くことができた時は少しは成長できたのかなと思います。

会社の良い点を教えてください

アットホームな環境は当社の良い点でしょう。新人の私がこんなことを言うのも変かも知れませんが、緊張せずに、かしこまらずに自分の仕事ができます。製品チームは試験のため、よく茨城県の工場へ向かいます。片道2時間の車中も和気あいあいとしています。ただし、一度仕事が始まれば、オンとオフの切り替えはしっかりしています。プロ意識も含め、先輩から学ぶべきことは多いです。

就職活動中の学生へメッセージをお願いします

私は当社も含め、2社しか採用試験を受けていないため、あまり参考にならないかもしれませんが「必ず受かる」という自信が持てるように準備をしました。私の場合、院卒になるため、専門的な知識を問われることは分かっていました。そのため、自分の研究内容を誰にでも理解してもらえるように、要点を分かりやすく伝えるための努力をしたことが良かったのかもしれません。
後は、会社説明会も採用試験だと思うことが大切です。会場に来ている社員の方が採用担当者に学生の評価を伝えていたり、実は面接官だったり、という可能性もあるからです。

今後の目標を教えてください

一つ上の先輩は多くの仕事に取り組んでいます。私も製品開発を任せてもらえるように、今のポジションでできることを続けたいです。大学でコンクリートの奥深さを知って以来、研究に没頭しました。現在は三谷セキサンの一員として、コンクリートパイルに関わるようになり、あらためて多くを学んでいます。いつかは絶対に壊れないコンクリートパイルづくりなど、画期的な製品開発に挑戦したいですね。