吉村 真央
8:45 出社。メールチェックの後、日課の体操。
9:00 朝礼後、仕事の優先順位を決めて着手。
11:00 その日の営業先へ出発。
訪問先ごとにランチをとる店が決まっている。
混む前に少し早めの昼食。
13:00 午後は営業先や施工現場などを訪問。
16:30 帰社後、デスクワーク。部下の相談を受けることも。
18:30 退社。
職場、もしくは取引先の皆さんと夜の街へ。
22:00 帰宅。
余裕がある日はドラマ鑑賞しながら、エアロバイクで汗を流す。

現在、担当している仕事について教えてください

当社の主力製品であるコンクリートパイルの営業を担当しています。多種多様なコンクリートパイルの中から、お客様に合った製品を提案して買っていただくことが私の仕事です。
当社の場合、モノを売って終わりではありません。施工が始まれば、現場に通って作業に携わる方とコミュニケーションを取ることも大切な役割。もちろん、当社製品を必要とするゼネコンや設計事務所など、お客様の元にも足繁く通います。

仕事のやりがいは、どのような時に感じますか?

営業は常に競合他社との競争で「金メダル」以外求められません。勝つか負けるかの結果しか残らない世界です。だからこそ、受注のためには何度も打合せを重ねて要望をお聞きし、スペックやコストも含め、お客様にとってベストの提案をしなければならないのです。
個人的にやりがいを感じるのは、これまでに取引の無かった新規のお客様から仕事をいただいた時です。案件の大小問わず、営業マンとして格別の気分を味わえる瞬間です。飛び込みで相手の懐に入り、何気ない会話から始め、やがて信頼を得て、最終的には仕事の依頼を受ける。この一連のプロセスを楽しんでいます。

営業をする上で、心掛けていることはありますか?

実は新人の頃、うまく営業ができずに悩んでばかりいました。その頃の上司は、とにかくポジティブでかつアグレッシブ。「この業界は仕事をとらないと始まらない。挑戦して失敗しても、それは勉強代だと思えばいい」と背中を押してくれました。この上司の薫陶を受けたせいか、今では新規顧客の訪問前には「もともと(実績は)ゼロだから、プラスにしかならない」と良い意味で開き直り、徐々に結果を出せるようになりました。

仕事の大変な点はどこにあると思いますか

これも新規開拓です。面白いけど難しい。営業は奥深いですよ。相手によっては、全く受け入れられないこともあります。とにかく人と会って、話をしなければ分からないことばかり。信頼関係を築くための近道はありません。メールで資料を送れば済む用件でも数分でもいいので直接説明に行くなど、相手との距離を縮めるために最善を尽くしています。

会社の強みを教えてください

「潰れる」心配のない安定感ですね。これは学生時代に企業を選ぶ際の基準でした。当時、当社の名前は知っていたものの、詳しい業務内容についてはさっぱり。それでも採用試験に臨んだのは学生時代のバイト先で、勧められたからです。説明会で担当者が力説していた家賃補助や好調な業績、無借金経営などに惹かれました。福利厚生や財務状況を学生に強調している企業は、私の知っている限り当社以外に無かったので、印象に残りました。

どのようなタイプの後輩と働きたいですか

前向きな人はこの仕事に向いていると思います。裏を返せば、後ろ向きの人には面白くないでしょう。営業先では難しい相談を受けることもあります。その都度「無理です」と言っているようでは務まりません。自らチャンスを放棄するようなものです。
現場に出れば「想定外」の事態ばかり。例えば、コンクリートパイルを打ち込む地盤は常に平らではありません。間違えることを恐れ、いつまでも杭の長さを決められないのも問題です。悩むくらいなら行動あるのみ。このような思い切りの良さに共感できる後輩に入社してほしいです。個人的には学生時代に仲間とたくさん遊んで来た人は大歓迎。ともに仕事を楽しみましょう。