権藤 勇人
8:00 始業の1時間前に出社。メールチェック後、yahooニュースで
話のネタを仕込みます。
9:00 始業。電話対応の後、支店長をはじめとした上司や先輩に
仕事の相談をします。
10:30 お客様であるゼネコンへ出発。一人のときもあれば、
上司に同行するときもあります。
12:00 外回りの合間に昼食。とくにこだわりはありませんが、上司、
先輩に勧められた店が近くにあれば、やはり気になるものです。
15:00 外回りを終えて帰社。見積り、資料の作成などデスクワーク。
19:00 PCの電源を切り、今夜、飲みに行きそうな人の後ろに
勝手に付いていく。

転職を決めるまでの経緯を教えてください

ゼネコンに勤めていた父の影響もあり、学生時代は建築・建設業界を志望していました。しかし、私が就活を始めた頃の就職環境は、リーマンショックの影響を受けた「超氷河期」。目当ての企業の門戸は全て閉ざされていました。そこで当時、デフレを追い風に勢いのあった外食業界で社会人としての第一歩を踏み出し、その後、主にスポーツ関係のライセンス事業を手がける企業でキャリアを積むことに。30歳を前にして転職活動を進めているときに、当社のことを大手転職サイトで知りました。学生の頃に希望していた業界であることはもちろん、他の企業よりも給与や福利厚生などの条件面の良さに魅力を感じ、中途採用試験に臨みました。

転職後、苦労はありませんでしたか?

中途採用者向けにコンクリートパイルの構造や設計、施工など、さまざまな研修プログラムが用意されているので学ぶ機会は十分にあります。当社への転職を考えている方にとって、安心できるポイントではないでしょうか。ただ研修を終えてからが本番で、お客様との商談や、施工現場で職人さんとの打ち合わせをする中で、「もっと学ばなければ」と刺激を受けることは多いです。現在は名古屋支店で取引のあるゼネコンを訪問し、現在進行中のプロジェクトを進めたり、コンクリートパイルの提案をしたりと、営業活動に勤しんでいます。さらに上司のサポート役も務め、時には隣の静岡営業所の案件にも携わるなど、多くの経験を積む機会をいただいています。まだ仕事に慣れることに精一杯ですが、担当エリアへの理解を深め、このチャンスを活かすつもりです。

仕事中に心がけていることを教えてください

「報告・連絡・相談」は大切にしています。これに加えて「気配り、目配り、心配り」を意識することも多いですね。営業先、施工現場、社内と相手によって、さまざまな接し方があると思いますが、私の場合は相手から「ここまでしなくても大丈夫だよ」と言われない限り、常に一歩踏み込んだ仕事をするように心がけています。

転職して良かったと感じることを教えてください

いくつかありまして、まず給与はものすごく上がりました。当社の充実した福利厚生の恩恵も受けています。そのことが、転職の決め手でしたので、大変満足しています。次に当社の社員は良い人が多いです。普通は一人くらい苦手だなと感じる人が近くにいるものですが(笑)、全くいません。こちらが質問をしても嫌そうな顔をする人はいませんし、間違った方向に進みそうなときはフォローをしてくれます。ときには厳しい指導を受けることもありますが、私のことを思って言ってくれているのは十分に伝わります。一生懸命働いた後は、飲み会でコミュニケーションをとることも多く、楽しい時間を共有することで、自然と当社の雰囲気に慣れることができました。

印象に残っているエピソードを教えてください

二つあります。一つは転職して間もない頃、現場研修で出会った職人さんと信頼関係を築けたことです。当時(今もそうですが)、仕事を覚えるのに必死だった私の熱意が伝わったのでしょうか、現場の進め方について意見を交わしているうちに、認めてもらえるようになりました。「(私が)最初に受注した物件の施工は是非やらせてほしい」と言ってくれたときは、本当にうれしかったです。その後、名古屋支店に異動となったので約束を果たせていませんが、今でも相談に乗ってくれるなど関係は続いています。
もう一つは、とある大型物件を受注したときに、当社の団結力と面倒見の良さを感じました。その物件の建設予定地は施工に困難な地盤だったので、まずは工事部の方に相談して現場のデータと過去の施工実績を基に検討してもらい、ゴーサインをいただきました。次はお客様への説明ですが、当時の上司と先輩がスケジュールの都合上、どうしても同行できないことが分かるやいなや、他の営業部の部長が駆けつけてくれて、商談を大きく進めることができました。その後、社に戻って詰めの打ち合わせをしていると、そばにいた支社のトップをはじめ、多くの方が検討の輪に加わり、受注につながる提案内容をまとめることができました。一つの仕事に対し、役職、職種の壁を超えて協力してもらい、感謝の気持ちでいっぱいになりました。このようなことは他の企業では、あまりないのではないでしょうか。

会社の強みを教えてください

コンクリートパイル業界において高いシェアを占めていることは、大きな強みと言えるでしょう。お客様からは「三谷さんなんだから!」と叱咤激励を受けるなど、業界トップの企業に寄せられる期待と信頼の大きさを感じることは多いです。シェアを支える独自の技術力も当社のストロングポイントで、例えば「ジオマスター」という施工管理装置はその分かりやすさからゼネコンの皆さんの高い評価を受けています。現場では「三谷さんのように管理してほしい」という声も上がっているようです。さまざまな強みを自身の営業活動に活かし、いずれは「あの物件に携わった」と周囲に自慢できるような大きな仕事をやり遂げたいと思います。