三谷セキサン株式会社 採用サイト

内田 智裕
ある日のスケジュール
9:00 朝礼後、ゼネコンを訪問。
10:00 本日1件目のゼネコンで商談。
最初に要点から切り出すことが大切です。
12:00 移動の合間に手早く昼食をとります。
13:00 本日2件目のゼネコンへ。
最後は雑談をして笑って終わる商談を大切にしています。
15:00 現場での打ち合わせにも、積極的に顔を出します。
17:00 支店に戻り、デスクワークの合間に部下から報告を受けます。
18:30 普段はこのくらいの時間で仕事を終えて退社するようにしています。
ときには部下を誘って、食事に行くこともあります。
22:30 帰宅。※毎日、飲みに行くわけではありません。

担当している仕事について教えてください

担当しているお客様(大手ゼネコン各社)に、コンクリートパイルを提案しています。以前は同じく営業マンとして設計事務所を主に担当し、ときには新規の顧客開拓などにも取り組んでいましたが、現在はありがたいことに、お客様から直接仕事のお話をいただくことが多いです。それでも、綿密な打ち合わせをし、最適な価格を検討するなど、受注まで丁寧に確実に進めるスタイルに変わりはありません。肩書きは部長ですが、営業の最前線に立ち、当社の製品と技術を売り込んでいます。

営業のおもしろさを教えてください

やっぱり、競合他社と競って勝ったときでしょう。勝つことは、お客様へ良い提案ができたということですし、自らが立てた売上目標に近づくことでもあります。私の場合は、その過程の勝てる企画提案をみんなで考えること自体を楽しんでいます。中には、ランドマークになるような大規模な建物や施設に挑むときは、受注金額もさることながら、「後々まで残る仕事」となるので、重圧を感じますが、工事、設計の皆さんと相談、検討してベストな提案をまとめることに努めています。半期で10億円を売り上げたこともありますが、私個人ではなく、チームとしての勝利だと思っています。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください

時間の有効活用ですね。まずは「今、自分がすべきこと」を常に問い続けるようにしています。その上で、自分が動いている間に、周りにはどのような指示を出せば、効率的かを考えることも多いです。
個人的な経験も踏まえて学生の皆さんに伝えたいのは、この業界は3年くらい経たないと、なかなか大きな経験はできないということです。だから、自身の引き出しを増やすために、自ら調べる癖をつけてほしいです。例えば、訪問先でのお客様からの質問。これは本当にありがたくて、自分が日頃疑問に思っていないことを気づかせてくれます。それを調べて解答すれば、お客様にも感謝され、自らの知識となるわけです。このように、毎日コツコツと真摯に対応することが実力をつける近道だと思います。

転職のきっかけについて教えてください

大学卒業後、人材派遣業界で営業をしていましたが、30歳を目前に、この業界では得られないようなもっと規模の大きな仕事に取り組みたくなり、転職を決意しました。転職後の苦労した点は、とくにありません。というのも皆さん本当に親切で、「新人」の私に丁寧に指導してくれました。
今では東証1部の企業(2013年7月に上場)となり、家族や親戚からは「本当に良い選択をした」と言われます。もちろん、私自身も大満足です。

三谷セキサンの強みを教えてください

自分を売ることについては、自力で何とかしなければいけません。しかし、当社の場合は、お客様に自信を持ってお薦めできるモノを創り出す技術力がある。これは当社の強みです。製品でも工法でも素晴らしいものがあることに感謝しています。前職と比較すると、知名度や信頼性の高さも強みだと思います。とくに建設業界の中では有名企業。門前払いされることもなく、話は聞いてくれます。

今後の目標を教えてください

当たり前ですが、仕事をどんどん取って社の利益に貢献することです。それに尽きます。そして、会社からいつまでも必要とされる人材になりたいです。
訪問先では業務に関する深い話もしたいので必要な資格取得も視野に入れています。これからも社内外にどんどん顔を売って、全国に自分の関わった物件が建てばうれしいですね。