三谷セキサン株式会社 採用サイト

横山 智也
ある日のスケジュール
9:00 朝礼後、先輩に現在担当している案件の進捗状況を報告・相談。
10:30 事務処理をして、営業へ出発。
11:00 お客様と打ち合わせをし、
地盤や工程に関する情報を収集します。
12:00 ランチタイムは、ハンバーグがファーストオプションです♪
13:00 現場とその周辺の道路を下見し、
トレーラーが入れるかなどを確認します。
16:00 支店に戻り、見積書や施工計画書などを作成します。
19:00 キリの良いところまで進め、
先輩と一杯やって帰宅します。

転職のきっかけを教えてください

当社に転職する前は、土木系メーカーの営業マンとして非常に多忙な日々を送っていました。そこで、もっと効率よく働くことができ、ワークライフバランスも取ることができる環境を求めて転職活動を開始しました。学生時代から当社のことはCMなどを通じて知っていたので、せっかくなら地元福井県を代表する企業にチャレンジしてみようと面接を受けることに。前職で地面や土壌を相手に頑張った経験を買っていただけたのか、採用されることになりました。

転職をして良かったと感じていることを教えてください

メリハリをつけ、やらなければならないときは集中して取り組み、成果を挙げるという理想的な働き方ができるようになりました。新入社員はもちろんでしょうが、中途採用者の受け入れ体制もしっかりとしていて、研修期間中は「現場」「設計」「営業」に関し、実地や座学で時間をかけて学ぶことができ、配属先の東京支店では先輩社員の皆さんに温かく迎えてもらい、すんなりと打ち解けることができました。家賃の補助など手厚い福利厚生と給与についても大変満足しています。

現在の業務内容について教えてください

大手・中堅のゼネコンを担当し、それぞれの現場に適切なコンクリートパイルと施工法を提案しています。いわゆる「報告・連絡・相談」を怠らずに、上司・先輩のアドバイスを受けて、仕事を進めています。受注後は現場で打ち合わせを重ね、施工完了まで責任を持って物件に関わっています。取引先の企業規模や受注金額、プロジェクトのスケールの大きさはもちろんですが、当社に寄せられるお客様の期待を感じることも多く、それら全てがモチベーションとなっています。

仕事について、前職との違いを感じることはありますか?

モノを売って終わりではないことに、大きな違いがあると思います。「現場は生き物」と教えられましたが、コンクリートパイルを施工する現場で万一トラブルが発生した場合、解決に向けて営業マンも主体的に動かなければなりません。あまり歓迎したくない事態ではありますが、今は学びと経験のチャンスだと前向きに捉えています。お客様も個性的な方が多いですね。以前、提案した案件について確認の電話を入れたとき、担当の方からいきなり「合格!」と告げられたときは、仕事を取れた喜びと同時に、ダイナミックなやりとりに驚きと面白さを感じました。

今後の目標について教えてください

お客様から「三谷セキサンに任せてよかった」と、満足していただく仕事を続け、いつかは「横山さんでよかった」と期待に応える存在になりたいです。判断に迷ったときなど、現状は先輩の力を借りることも少なくないので、確かな実力をつけることが課題です。例えば、日々の営業先や現場で分からなかったことは、事務所に帰って調べて確実に自身の知識にするなど、常日頃からコツコツと学ぶ姿勢を大切にしています。

就職活動中の学生や、転職を検討している社会人へメッセージをお願いします

自身の経験を振り返ると、企業を選ぶ際は「ワークライフバランスを取りたい」など軸のようなものを決めて大切にすると良いのかなと思います。一員となって日は浅いですが、何ごとも前向きに楽しめる人が当社では実力を発揮しやすいのではないでしょうか。毎日楽しく仕事をするために、プライベートを充実させようという考えの方も多いです。当然、壁にあたることもあるでしょう。そのようなときに、フォローしてくれる人は大勢いますので安心してください。プラス思考の方と一緒に働きたいですね。